NEWSあらモード

《NEWSあらモード》は、まとめブログです。最新ニュース、社会、経済、政治、海外の気になる話題や、面白スレ、注目スレなど、どんどん更新してお届けします。


    本人は、未だノーコメント

    1 れいおφ ★ :2017/08/21(月) 14:21:55.33

    20日の高校野球は準々決勝。第3試合の仙台育英×広陵は、広陵が10-4で勝利。久々のベスト4入りを果たした。
     
    前日、大阪桐蔭相手に9回裏の大逆転で勝利した仙台育英だったが、
    この日は前日の完投を考慮してかエースの長谷川投手が先発せず、序盤から広陵打線につかまる展開。
    仙台育英も攻撃で幾度か満塁のチャンスを作ったものの、好機で一打が出ず敗戦した。
     
    これで仙台育英の夏は終わり、さあ明日は準決勝!

    となるところなのだが、どうやら一部ファンの間ではまだ19日の大阪桐蔭戦の「あのシーン」が尾を引いているようだ。
     
    7回の仙台育英の攻撃中、渡部夏史捕手が走塁をした際に相手一塁手の足を蹴ってしまった。
    相手選手はその後も試合続行、9回二死の際、大阪桐蔭の一塁手の足がベースを踏んでいなかったことで
    試合終了とならず流れが傾き、最後に仙台育英がサヨナラ勝ちを決めた。
     

    どちらも一塁手の出来事だっただけにネット上では「わざとか」「あのプレーはひどい」と、
    渡部選手が故意に蹴ったのか否かと話題が集中。
    歴史に残る名勝負・大接戦だっただけに、注目度がより高くなっている。

    大阪桐蔭の一塁手が「(蹴られたことと9回のベースの件は)関係ない」とはしたものの、広陵戦では渡部選手はスタメンに入らず。
    監督の指示でSNSも削除したとのことで、対応に追われたようだ。
    チームメイトは「わざとではない」とし、本人はその件については触れていない。
     

    あの場面が試合を決定づけたかといえば、正直なところ大きな要因ではないだろう。
    そして、懸命にプレーしている中でのトラブルがつきものであることを考えれば、外野がとやかく何かを語るべきではない。
    あくまでも高校生に対し、プロや芸能人さながらの批判をぶつけるのはやはり間違いだ。
    「真偽はともかく、大阪桐蔭側に謝罪すべき」という声もあるが、影響を考慮して学校間でやり取りをしている可能性もあるだろう。


    だからこそ、鬼の首を取ったがごとく某大手ポータルや掲示板内で罵詈雑言を繰り返す一部ネットユーザーの醜さは異常だ。
    大人が思慮なく高校生を追い落とそうとする様はあまりにも醜い。
    (文=小田 杏)



    http://biz-journal.jp/gj/2017/08/post_4141.html

    動画

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    関連スレ
    【高校野球】仙台育英・渡部の“足蹴り”が炎上…監督の指示でSNS閉鎖、準決勝スタメン外れる チームメイト擁護「わざとじゃない」 ★15
    http://hayabusa9./test/read.cgi/mnewsplus/1503290530/


    【【高校野球】仙台育英 大阪桐蔭戦での「足蹴り疑惑」 おさらい 画像付き 未だ炎上止まらない様子】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    ブーメラン

    1 (^ェ^) ★ :2017/08/21(月) 17:59:36.97

    http://www.buzznews.jp/?p=2110443


    (出典 www.buzznews.jp)


    加計学園の獣医学部新設の舞台である愛媛県で、「愛媛県獣医師連盟」への会費支払を拒否する獣医師が相次いでいると産経ニュースが報じた記事に対し、民進党の玉木雄一郎議員が怒りの反論を展開しています(画像はTwitterより)。

    玉木議員が産経記事に猛反論「強く抗議する」

    記事によると愛媛県では複数の支部で会費を支払わない獣医師が相次いでおり、今年の会費徴収を終えた2つの支部では納入率が約5割にとどまっていると共に他の支部でも同様の傾向が見られているといいます。

    獣医師らが日本獣医師連盟に対しノーを突きつけている理由については「日本獣医師連盟が学部新設阻止に動いたことへの強い不満が背景にあるようだ」と指摘するとともに記事の末尾では玉木議員の名前についてもこのように言及されています。

    産経「日本獣医師連盟をめぐっては、前身の日本獣医師政治連盟が、加計問題を追及している民進党の玉木雄一郎幹事長代理に政治献金していたことが明らかになっている。会員からは「獣医学部新設反対側の議員に金が流れるなど、金の使い道に納得がいかない」という声もあるという。」

    すると、これに民進党の玉木議員がSNSで強く反発。「私が問題にしているのは、獣医学部の新設ではなく、その選定過程の不透明さです。お間違えなく」と「獣医学部新設反対派議員」と受け止められることへの警戒感を示すとともに産経側を厳しく批判しています。

    玉木「今朝の産経新聞を見てびっくりした。あまりに酷い。私が獣医学部を阻止するために献金を受け取り国会で追及を行なっているかのような記事。全く事実に反する記事で強く抗議したい。しかも私に一切の取材なし。彼らはネットのフェイクニュースを見て記事を書いてるのか。社内教育はどうなっているのか。」

    玉木「この件に関しては、以前、産経新聞政治部には説明し問題なしと理解してもらったので、以後一切記事にはなっていないが、今回書いたのは社会部とのこと。典型的な縦割り。どうにかならんかね。社内コミュニケーション。」

    玉木「ツイッター上でも、いろんな書き込みがありますが、違法なこと、やましいことは一切ありませんので、ご安心ください。誹謗中傷に負けず、真実と正義のため、へこたれずにがんばります。なお、私が問題にしているのは、獣医学部の新設ではなく、その選定過程の不透明さです。お間違えなく。」

    玉木「件の産経新聞の記事を読んでみると、最後の4つのパラグラフの文末は共通して「という。」で曖昧な伝聞調。第一パラグラフの文末も「あるようだ。」これも曖昧な希望的観測調。そして記事タイトルも「対応に不満か」と断定できない書き方。こんな記事で花の一面飾れるなんて他紙ではあり得んでしょ。」

    玉木「3ヶ月も前のブログですが産経新聞に酷い書かれ方をしたので再掲します。献金は法令に基づき正しく処理されており5年前の当該献金に関して獣医学部新設阻止や国会質問を依頼された事実は一切ありません。疑惑があるかのような報道には強く抗議します。」

    以下ソース


    【民進党・玉木雄一郎激怒 「今朝の産経新聞を見てびっくりした。あまりに酷い。全く事実に反する記事で強く抗議したい。」】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    清宮ボール?

    1 YG防衛軍 ★ :2017/08/20(日) 16:56:18.28

    20日、高校野球)

     「振り切る」「打たないと勝てない」。年々、そう口にする選手、チームが増えていると感じる。

     新記録となる、今大会61号本塁打を放ったのは天理の山口。8番打者だが、こつこつ当てるような打撃はしない。中村監督からは「振らないと始まらない」と言われているといい、同じ試合で62号も放った。

     各校が打撃に力を入れ、「1日千スイング」などと掲げる。「打高投低」の流れは加速している。

     日本高校野球連盟では、打球が速すぎることなどから、2002年から金属製バットの重さを900グラム以上にするなど、規定を変更した。03年には13本塁打しか出なかったが、06年には60本塁打が飛び出した。

     バットについては、各メーカーが改良を重ねるが、ミズノの担当の南裏智さんは、「昨年から今年で、バットに劇的な変化はありません」と話す。

     南裏さんによると、ミズノで人気のあるモデルは、重心が先端付近にあるもの。振るときに重さを感じるが、しっかり振れれば飛距離も出るという。

     実はこのモデルは規定が変更された02年からあるもので、仕様はほとんど変わっていない。「それだけ、しっかり振る力がある選手が増えていることでしょう」。球児がパワーアップにより、操作の難しいバットにも対応したということだろう。

     ボールは、60本塁打が飛び出した翌年の07年から、いわゆる「低反発球」が導入された。

     日本高校野球連盟によると、今大会も使用しているボールは同じ。高野連では毎年、大会の使用球は弾み具合、重さ、形状を検査。反発については、約4メートルの高さから50センチ四方の大理石の上に落とし、基準内に収まるかを審判委員が見る。今年は7月7日に2100個がテストされた。

     新記録は打者の努力のたまものと言うほかはないだろう。(山口史朗)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00000026-asahi-spo


    【【高校野球】今年、ホームラン多くない? バットもボールも変化なし 新記録は打者の努力のたまもの?】の続きを読む

    このページのトップヘ