NEWSあらモード

《NEWSあらモード》は、まとめブログです。最新ニュース、社会、経済、政治、海外の気になる話題や、面白スレ、注目スレなど、どんどん更新してお届けします。

    2017年09月



    (出典 i.ytimg.com)


    政治家のポリシー問われる

    1 あな ★ :2017/09/30(土) 04:14:17.23

    <衆院選>民進内、合流拒否も 無所属出馬や残留の動き
    9/30(土) 2:40配信 毎日新聞

     民進党内で29日、希望の党への合流を拒否する動きが広がり始めた。民進の前原誠司代表は
    党全体での合流を前提に交渉開始の了承を取ったが、希望の党の小池百合子代表が29日の
    前原氏との会談後、「全員を受け入れることは、さらさらない」と明言したことで反発が広がった。
    野田佳彦前首相、岡田克也元代表、枝野幸男代表代行らが無所属での衆院選出馬を検討しているほか、
    党への残留やリベラル系前職による新党を検討する動きもある。

     28日の民進党両院議員総会で了承された合流方針は(1)民進党の公認内定は取り消す
    (2)離党して希望に公認申請し、交渉は前原氏が担う(3)民進党は公認を擁立せず、希望を
    全力で支援--の3項目。前原氏自身は無所属出馬を表明した。

     この了承に関し、民進重鎮は「前原氏に認められたのは『交渉する』ということだ」と指摘。
    党参院議員も「衆院側が『全員で行ける』と思って前のめりになっていた」と振り返る。

     民進党内では、選別の姿勢を強める小池氏に対し、「合流の前提が崩れた」との反発が強まっている。
    総会での了承を覆して民進党公認での出馬容認を求める意見や、「分党」で民進の組織や資金の
    一部引き継ぎを求める声もある。【影山哲也】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170930-00000005-mai-pol


    【【衆院選】小池氏の「全員を受け入れることは、さらさらない」明言に民進党もはやバラバラ 合流拒否、 無所属出馬や残留の動き】の続きを読む



    (出典 blog-img.esuteru.com)


    9割は公認もらえると思っている前原氏

    1 記憶たどり。 ★ :2017/09/28(木) 23:47:34.49

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170928-00000086-nnn-pol

    民進党は、東京都の小池知事が立ち上げた希望の党への事実上の合流を決めた。
    前原代表は全ての民進党議員の希望の党での公認を目指す考えだが、調整は難航が予想されている。

    関係者によると、実は28日夜に小池代表と前原代表の会談が予定されていたのだが、急きょ、中止になった。

    2人の会談については、どの立候補予定者に希望の党の公認を出すのか調整を急ぐ必要があり、
    「さっそく会わないと公認の作業が間に合わない」との声があった。

    中止の理由だが、ある希望の党関係者は、「前原代表が『すべての民進党議員の希望の党での
    公認を目指す』と発言したことが、小池代表のかんにさわったのでは」などと推測している。

    小池代表は、民進党出身者の公認の是非を個別に判断する考えを示していて、希望の党の議員も
    「全員なんか入れない」と話している。

    この点について民進党幹部も、「議員の1割ぐらいはこぼれるだろう」と指摘している。

    公認などをめぐる両代表の調整が今後の焦点。


    【【希望の党】小池氏ブチ切れた? 前原代表との会談、急遽中止に 「全議員の公認を目指す」と言った前原氏に「全員なんか入れない」と小池氏】の続きを読む



    (出典 iwiz-chie.c.yimg.jp)


    事故ではないだろう

    1 右大臣・大ちゃん之弼 ★ :2017/09/28(木) 02:20:24.80

    (CNN) 北朝鮮に拘束され、意識不明のまま米国に帰国して間もなく死亡した大学生オットー・ワームビアさんの両親が27日までに、CNNのインタビューに応じた。息子の死から3カ月を経て、帰国当時のオットーさんの様子について詳細を語った。

    「あの政権の恐ろしさを目の当たりにした証人として、北朝鮮は被害者ではないと断言する。今こそオットーがどんな状態だったかについて、真実を語る時だと考えた」。父のフレッド・ワームビアさんは、インタビューに応じた理由をそう説明する。

    北朝鮮から米国へ帰国した時のオットーさんについては、「脳に重大な損傷を負っていた。オットーは金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長とその政権によって組織的に拷問され、故意に負傷させられた。これは事故ではなかった」と断言した。

    北朝鮮は当初、オットーさんが昏睡(こんすい)状態に陥ったのはボツリヌス症が原因だと説明していた。しかし両親は、オットーさんを乗せた航空機がオハイオ州の空港に到着した時の様子を次のように振り返る。

    「(オットーさんを乗せた航空機の)タラップを半分ほど上がったところで、大きな、しわがれた、吠えるような、人間のものとは思えない音が聞こえた」(フレッドさん)

    母のシンディさんは当初、米国へ戻って治療を受ければ息子の容体は改善するという希望を持っていたという。しかしオットーさんのうめき声を聞き、その姿を一目見た瞬間、希望は消え、引き返してタラップを降りるほかなかった。

    フレッドさんは、そのまま機内に入った。「息子は担架にしばり付けられていた」「体を動かして激しくけいれんし、あの吠えるような、人間のものとは思えない音をたてていた」

    このような姿は予想していなかったというフレッドさんは、息をのむ司会者を前に、さらに描写を続けた。

    「息子の頭髪はそられていた。両目はぐるぐる回っていて、皿のように大きく見開かれていた」「目は見えず、耳は聞こえず、栄養補給の管をつけられていた」

    家族は1年5カ月前から消息を絶ったオットーさんを探し、必死になって接触を試み続けてきた。しかしその努力は実らなかった。

    それでも両親は、死因究明のための検視解剖を望まなかった。息子は既に十分苦しんだというのがその理由だ。

    「オットーは家族から、故国から、そして世界から見捨てられた」とフレッドさんは訴える。「挙句の果てに金(正恩氏)の決定を受けて拷問され、実質的に殺害されてしまった。もう十分だ」

    シンディさんは検視解剖を拒んだ理由について、「息子を私の目の届かない所へ行かせるつもりはなかった」と説明した。

    ワームビアさん夫妻は米政府から一切の情報提供を受けていない。しかし「その必要はない」と夫妻は言い、「責任は金(正恩)政権のみにある」とフレッドさんは語気を強める。

    シンディさんは北朝鮮について、「決してあそこへ行ってはいけない」「ほかの誰かが傷つけられたり拉致されたりするのを見たくない」と訴えた。

    死後も息子との絆に支えられ、日々強くなっているというシンディさん。「毎日、ほとんど四六時中、オットーのことを考える。息子はずっと私と一緒にいる」「オットーが北朝鮮にいたことや、病院にいたことは思い出したくない。一緒に過ごした21年間の素晴らしい思い出がたくさんあるから」と語った。

    2017.09.27 Wed posted at 17:01 JST
    https://www.cnn.co.jp/world/35107851.html


    (出典 i.imgur.com)

    北朝鮮で1年半近く拘束された米大学生オットー・ワームビアさん


    (出典 i.imgur.com)

    帰国時のオットーさんの様子を説明する父フレッドさん(左)と母シンディさん


    (出典 i.imgur.com)

    息子の死の責任は金正恩朝鮮労働党委員長とその政権にあるとフレッドさんは強調する


    【【CNNインタビュー】「人間のものとは思えない音が聞こえた」 北朝鮮で拘束後、米で亡くなったのオットーさんの両親語る 帰国時の息子の衝撃の様態】の続きを読む



    (出典 asap-matome.com)


    お粗末

    1 動物園φ ★ :2017/09/26(火) 19:58:12.40

    2017.9.26

     安倍晋三首相は25日夜、TBS系「NEWS23」などに生出演し、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐる一連の報道に苦言を呈した。加戸守行(かと・もりゆき)前愛媛県知事が、国会で「ゆがめられた行政が正された」と主張したにも関わらず、多くのメディアが取り上げなかった“偏向報道問題”を指摘したのだ。

     「ぜひ、(加戸氏らが指摘した手続きの正当性などの)そういう証言もしっかりと報道していただき、できるだけ材料を提供していただけなければ国民の皆さんも判断のしようがない」

     安倍首相は25日夜、TBS番組でこう訴えた。

     これに先立ち、安倍首相は、テレビ朝日系「報道ステーション」にも出演し、加計問題について「国会の閉会中審査で、誰も私から加計学園の獣医学部新設について依頼されたり指示を受けていないことが明らかになった」と強調した。

     民間団体「放送法遵守を求める視聴者の会」は、加計問題に関するテレビ報道について、放送番組の「公平」「公正」などを定めた放送法第4条を守ることを求める意見広告を出している。

     前出のTBS番組では、驚くべきシーンがあった。

     安倍首相が解散の「大義」について説明していると、「2人でモリカケっ!」という不可解な音声が突然流れたのだ。その直後、キャスター2人が安倍首相の発言を遮ろうとした。

     しばらくして、女性キャスターは「こちらをまずご覧をいただきたい。モリカケ隠しなのでしょうか」といい、森友・加計学園に関する疑惑をまとめたVTRを流した。

     ネット上には、同番組を受けて、「国難よりも総理批判」「印象操作では」「TBSのニュースはもう見ない」などと書き込まれている。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170926/soc1709260032-n1.html


    【【画像あり】放送事故? しっかり聞こえてますけど……TBS番組で安倍首相が説明中に不可解音声「2人でモリカケっ!」】の続きを読む



    (出典 www.kajima.co.jp)


    日本人セカンド

    1 動物園φ ★ :2017/09/26(火) 12:31:22.81

    9/26(火) 12:26配信

    時事通信

     石井啓一国土交通相は26日の閣議後の記者会見で、全国で使える訪日外国人観光客向けの高速道路乗り放題パス「Japan Expressway Pass」を販売すると発表した。

     レンタカーを利用する場合、東日本、中日本、西日本の高速道路3社を中心に全国で高速道路を定額で利用できる。来月13日から販売を開始する。

     パスは、有効期間が7日間と14日間の2種類あり、価格はそれぞれ2万円と3万4000円。全国にあるレンタカー会社計275店舗で、利用開始前に申し込みを受け付ける。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170926-00000041-jij-pol


    【【高速道路乗り放題パス】全国で使える訪日外国人観光客向けの「Japan Expressway Pass」販売へ 国交省】の続きを読む

    このページのトップヘ