NEWSあらモード

《NEWSあらモード》は、まとめブログです。最新ニュース、社会、経済、政治、海外の気になる話題や、面白スレ、注目スレなど、どんどん更新してお届けします。

    2018年10月



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2018/10/31(水) 04:17:20.30

    2018年10月30日 21時53分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181030/k10011692101000.html
    トランプ大統領 「出生地主義」廃止の考え 憲法の否定にも

    アメリカのトランプ大統領は、アメリカで生まれれば外国人の子どもにも国籍が与えられる今の仕組みを、大統領令によって廃止する考えを示しました。不法移民などを念頭に置いた対策とみられますが、アメリカの憲法で規定されているいわゆる「出生地主義」の否定にもつながる考えとして議論を呼びそうです。

    トランプ大統領は、アメリカのニュースサイト「アクシオス」のインタビューに答え、30日、その内容の一部が公開されました。

    この中でトランプ大統領は「外国からやって来て子どもを産めば、子どもに国籍が与えられるなど、ばかげている。終わらせる必要がある」と述べ、アメリカで生まれれば外国人の子どもにもアメリカ国籍が与えられる今の制度に疑問を呈し、大統領令によってこれを廃止する考えを示しました。

    そのうえでトランプ大統領は、実施に向けて手続きを進めていると明らかにしました。

    アメリカでは憲法で「合衆国内で生まれた者は合衆国の市民である」と規定されていますが、トランプ大統領は「憲法改正の必要はない」との考えを示し、アクシオスは、対象となるのは外国人と不法移民だとしています。

    公開されたインタビューで、トランプ大統領は狙いなど詳しいことは述べていませんが、投票まで1週間に迫ったアメリカの中間選挙では移民政策が大きな争点となっています。

    大統領の発言は、不法移民などを念頭に置いた対策とみられますが、憲法で規定されている出生地主義の否定にもつながる考えとして議論を呼びそうです。

    ★1が立った時間 2018/10/30(火) 22:29:56.63
    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1540911236/


    【【米国】トランプ大統領 「出生地主義」廃止の考え 「外国からやって来て子どもを産めば、子どもに国籍が与えられるなど、ばかげている」】の続きを読む



    (出典 www.nikkei.com)



    1 Toy Soldiers ★ :2018/10/30(火) 07:01:44.63

    ■ネットに投稿された動画は「ゲームみたいな感じだった」
    ーー韓国人のふりをしたのはどういうこと?

    安田:周りに囚人がいるので、日本人であることとか、私の実名を言うと、ほかの囚人が聞いて、もし彼らが解放された後に、私の監禁場所を知っているので、
    例えば日本側に通報するとか、他の組織に通報したら、彼らにばれちゃうじゃないですか。
    だから実名を言うとか、日本人と言うこととかは禁止されていた。あのビデオというのは、そういうルールを守って最後まで撮れれば今日解放するかもよ、みたいな、ゲームみたいな感じなんです。

    あそこの施設は中国から出てパキスタンの部隊をやっているので、あそこの施設の中では韓国人と言っていて、その前は中国人と言っていた。そこでは韓国人と言われたから、韓国人と言った。
    「ウマル」というのは、拘束中に事情があってイスラム教に改宗しないといけない状況があって、そこで自分でウマルと名乗って、彼らが設定したルールに従ったのと、
    泣いているバーションと、泣かないバーションを両方やれと言われて、泣けないから唐辛子よこせと言って、唐辛子を持ってこさせて自分でぬって、鼻水じゅるじゅるにして「たすけてください」と言えと言われたから言った。

    うしろでがーがー言っているのは、彼らが飼っているアヒルが後ろでガーガー言っていて。
    みんなで石投げてワハハと言って終わったのがあの動画ですね。自分で見ていないんですけど、何かアヒルが鳴いている声が。

    ーー子どもの声も聞こえたが?

    安田:アヒルの声が鳴いていないのも、撮ったのにわざわざそれを上げているのは、彼らも半分冗談で。

    ーー文言は自分で考えた?

    安田:いや、言わされた。いつも日付と名前と国籍、国籍イコール韓国人。彼らの求めた通り、韓国人と言った。どうでもいいというか、アップすると思っていなかった。

    ■「トイレの行き帰りにボコボコ蹴ってきた」24時間身動き一つしてはいけない状況も
    ーー暴力は?

    安田:殴る蹴るの暴行を受けることはありました。例えば日本側が彼らとの接触を絶ったあとに、彼らが私の家族と連絡をとって、私しか答えられない質問がきて、それに答えたりした。
    そのあとに家族は返事してこない。家族は金払えないですから。そうすると、私が何かメッセージ送ったに違いない、みたいな話になって。
    たとえば監禁場所は普通の家だったが、部屋の中にトイレないですから、彼らがトイレまで連行するんですけど、その行き帰りに、ボコボコ蹴ってきたりとか。

    日本が払えそうだったのに、こいつが何かメッセージ送ったせいで、日本が連絡たったみたいな言いがかりをつけて、ボコボコやってきたんです。

    やつらにはわからないようにメッセージ入れていたんですけど。金払うな、無事に帰るよ、放置しろっていうのは、日本側に送った回答のなかにいれていたんですけど。

    Google変換してもわからないように、ちょっと変な日本語にしている。日本人しかわからないような書き方にしているんですけど。
    「6446」で「無視しろ」とか実際やったんですけど、彼らはそんなことを知らずに、日本側が連絡絶ったのはお前のせいだと言ってボコボコやられたことある。

    あと、24時間身動き一つしちゃいけないと、水浴びしちゃいけないを8か月。その間、足を延ばして寝てはいけない。寝る範囲が1.5mだけ。
    それが24時間。体のどっかを触って、部屋の幅が1mしかないのに、両サイドが聞き耳たてていて、指を曲げた音がちょっとしただけでダメ。

    ーー見せしめの拷問が部屋の前で始まって、すさまじい拷問を聞かされ。

    安田:そういう拷問ではないけど、虐待状態というのはずっと続いて。24時間身動きしないとか無理じゃないですか。寝てる間に動いてもダメなんで寝られない。

    抜粋
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15496291/


    (出典 i.imgur.com)



    (出典 image.news.livedoor.com)


    関連
    【ウマル】元傭兵の高部氏「この方が普通なのが不思議。私は敵味方の捕虜何人も見たがみんな1週間でボロボロ。幽霊みたいになった」★11
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1540791263/

    ★1: 2018/10/29(月) 22:00:21.50
    ※前スレ
    【ウマル】安田純平氏が語る壮絶な人質生活 「泣けないから唐辛子よこせと言ってトウガラシを持ってこさせた」★5 
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1540840286/


    【【ウマル】安田純平氏が語る壮絶な人質生活 「泣けないからトウガラシよこせと言って唐辛子を持ってこさせた」 】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 ばーど ★ :2018/10/29(月) 08:03:03.53


    (出典 www.yomiuri.co.jp)


    バドミントンでダブルスを組んだ味方のラケットが目に当たって大けがをしたとして、東京都内の40歳代の女性がペアの女性に損害賠償を求めた訴訟で、東京高裁(八木一洋裁判長)は先月、ペアの女性の全責任を認めて約1300万円の支払いを命じる判決を言い渡した。スポーツ中の事故を巡ってチームメートに全ての責任があるとした司法判断は異例だ。

     判決によると、事故は2014年12月、趣味のバドミントン教室の仲間ら4人が都内の体育館でプレーしている最中に起きた。ペアの女性が相手コートから飛んできたシャトルを打ち返そうとバックハンドでラケットを振ったところ、ネット際にいた原告の左目に当たった。

     原告は左目の瞳孔が広がって光の調節が難しくなり、日常生活に支障をきたすようになった。このため、慰謝料やパートの休業補償などを求めて提訴した。

     被告側は訴訟で「原告が危険を避けるべきだった」と主張したが、先月12日の高裁判決は、被告は原告を視界に収める後方の位置でプレーしていたことから、「被告は原告の動きに注意し、ラケットが当たらないように配慮すべきだった」と判断。「バドミントンはボクシングのように身体接触のある競技ではなく、原告は、ほかの競技者によって危険が生じるとは認識していなかった」とした。

     また、判決は、「スポーツであることを理由に加害者の責任が否定されるのであれば、国民が安心してスポーツに親しむことができなくなる」とも指摘した。

     その上で、1審・東京地裁が「原告も一定程度の危険を引き受けて競技していた」と判断して賠償額を約780万円にとどめた判決を変更し、被告に全ての責任があると認定した。高裁判決は同月に確定した。

     原告側代理人の合田雄治郎弁護士は取材に、「趣味のスポーツをプレーしている時に起きた事故でも、過失があれば加害者が相応の責任を負うのは当然だ。高裁判決は被害者の救済を広げ、事故の抑制につながる」と話した。一方、被告側代理人の弁護士は取材に応じなかった。

    2018年10月29日 07時33分
    YOMIURI ONLINE
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20181029-OYT1T50006.html


    【【東京高裁】バドミトンで味方のラケットが左目に当たり大けが…ペア女性に1300万賠償命令 チームメートに全ての責任、異例の判断】の続きを読む



    (出典 2ch-matomet-zazen.com)



    1 Toy Soldiers ★ :2018/10/28(日) 15:42:38.52

    高部正樹 (@takabemasaki)さんが9:48 午後 on 木, 10月 25, 2018にツイートしました。

    この方が普通なのがとても不思議。私は敵味方の捕虜何人も見た事あるがみんな1週間もすればボロボロにやつれて生気もなくなった。
    捕虜交換で帰ってきた兵士は30前だったのに髪の毛真っ白になって幽霊みたいになってた。この人は屈強の特殊部隊兵士の数倍もタフだというのかな

    https://twitter.com/takabemasaki/status/1055441067674238976?s=03


    (出典 static.blogos.com)

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【ウマル】元傭兵の高部正樹氏「この方が普通なのが不思議。私は敵味方の捕虜何人も見たがみんな1週間でボロボロ。幽霊みたいになった」】の続きを読む



    (出典 news.tv-asahi.co.jp)



    1 ばーど ★ :2018/10/27(土) 17:37:04.27


    (出典 www.asahicom.jp)


     25日に帰国したフリージャーナリスト安田純平さん(44)はシリアで拘束された3年4カ月、犯行グループの虐待にさらされ続けた。監禁や絶食、嫌がらせ――。帰国便で朝日新聞のインタビューに解放された喜びを述べ、「日本のことをもっと知りたいと思った」と今後の希望を語った。

    安田純平さん解放、これまでの経緯

     「最初はスパイ容疑で2日くらい(監禁が)続き、1カ月して『人質にする』という話になった」

     安田さんは2015年6月22日にシリアに入り、翌日朝に拘束された。そこで体験したのは、「解放」をうたって強制された数々の「拷問」だった。トイレに立つ際に音を立てると、犯行グループの話を「盗み聞きした」「スパイだ」と疑われた。グループのこうした疑念はエスカレートし、生活に様々な「ルール」が設けられたという。

     「16年からは、ほぼ毎日、『解放する』と言われた。その代わり、『これをやったら帰さない』という不可能なことを要求された。高さ1・5メートル、幅1メートルの場所で、24時間、身動きしても、何一つ音を立ててもいけないと言われた。それを8カ月やらされた」

     部屋の外で監視され、要求された行為ができないと、自身の独房の前に他の収容者が呼ばれて殴りつけられ、その様子を見せつけられたという。

     「頭を洗ってはいけないというルールが設定され、服も洗えない。指を動かして関節が鳴ってもダメ。歯磨きもダメ。頭も体も洗っていないから、かゆくてかくと音が鳴る。鼻息も、指が鳴っても、寝ている間に体が動いてもダメ」

     安田さんは、犯行グループのメンバーが「ゲーム」としてこうした要求を出していたと考えている。

    2018年10月26日06時22分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASLBT5VL6LBTUHBI029.html

    ★1が立った時間 2018/10/26(金) 22:51:56.47
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1540617178/


    【【安田さん】「鼻息も、関節も、指が鳴るのもダメ」 安田純平さん虐待の状況語る】の続きを読む

    このページのトップヘ