NEWSあらモード

《NEWSあらモード》は、まとめブログです。最新ニュース、社会、経済、政治、海外の気になる話題や、面白スレ、注目スレなど、どんどん更新してお届けします。

    カテゴリ: 社会



    (出典 9post.tv)



    1 ばーど ★ :2018/10/24(水) 00:08:19.91

     プラスチック製ストローが、海を汚染する「悪者」にされてしまった。マクドナルドやガストなど、外食大手が相次いで使用をやめると表明している。このプラ製ストローの製造で国内シェアの半分を握るメーカーが、岡山県浅口市にある。人口約3万5千人の小さな町の、社員50人の会社だ。さあ、どうする?

     岡山県の南西部にある浅口市は、もともと小麦が特産だった。麦の茎を使ったストローが明治期につくられるようになり、日本のストロー産業発祥の地とされる。

     国内のストロー製造でトップを走るシバセ工業は1969年に事業を始めた。

     蔵のような外観の工場には、生産ラインが6本。「ポリプロピレン樹脂」という米粒ほどの大きさの樹脂原料を高温で溶かし、管状にして伸ばす。水にくぐらせると冷えて固まる。これを機械で均等な長さに切る。1秒あたり5~10本のペースで出来上がる。

     直径3・5ミリのカクテル用から、専門店が増えている「タピオカミルクティー」を吸うための1センチを超す太いものまで。機械が素材を押し出す速度を調節することで、直径や肉厚を変えることができる。形もストレート型や、折り曲げられる蛇腹付きなど、200種類以上の商品がある。

     「プラ製品の存在が悪いのではなく、問題は廃棄の仕方にあるのに」。磯田拓也社長(58)は、急にわき上がった「ストロー廃止運動」に疑問を投げかける。

     ただし、すぐに影響が出るわけ…残り:1009文字/全文:1590文字

    プラスチック製ストローを生産するシバセ工業の工場。樹脂の粒を溶かして管状に伸ばし、水で冷やして固める

    (出典 www.asahicom.jp)


    2018年10月23日08時07分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASLBK43J0LBKPLFA006.html


    【【海洋汚染】ストロー、突然「悪者に」 マクドやガストが相次いで使用中止に シェア半分握る会社の疑問】の続きを読む



    (出典 assets.media-platform.com)



    1 ばーど ★ :2018/10/19(金) 08:24:14.57

    「国家総動員」とも揶揄されている東京五輪。組織委員会は10月17日、8万人を見込む大会ボランティアに目標の過半数となる約4万7000人が応募を完了したと明らかにした。

    報道によれば、必要な作業を終えていないものの、登録手続きを行った人を含めると約8万5000人にもなったといい、武藤敏郎事務総長は「不足する事態になるとは思っていない」とコメントした。

    ネット上ではかねてから東京五輪のボランティア募集施策に批判が出ていたが、今回の相反する結果に、

    「なんだろう、この敗北感」
    「なんか本当に普通に集まっちゃうんだね」
    「やっぱ俺ら社会が全く見えてないわ。センスないわ。偉そうに他人批判して、叩いて、バカにした挙げ句この結果。何このピエロ感」

    など、敗北したと感じたコメントが相次いだ。こうした声について、ITジャーナリストの井上トシユキさんは、世代間で差があるとした上で、

    「ネット民の中には、公式エンブレム撤回で『成功体験』を得たため、ショックが大きかった人が少なくなかったのでは」

    と指摘する。

    「50代の東京五輪前後生まれの人の中は『自分も役に立ちたい』という人が多い」

    そもそも井上さんの周囲では50代以上の人がボランティアに多数応募していたという。60代以上の人は退職していたり、嘱託として働いていたりするため「時間や金銭的な余裕がある人が多い」とコメント。

    「私は50代なのですが、同世代の人からもよく『応募した』という声を聞きます。この世代は1964年の東京五輪前後に生まれていて、当然のことですが当時のことは記憶にないんですね。そのため参加したい、役に立たねばと感じている人が多いです」

    50代以降は子どもが独立している人も多く、「地方在住者でも交通費や滞在費を負担だと感じる人は少ない」という。また子どもが首都圏在住の場合、そこに滞在するという人も少なくはないようだ。

    一方、五輪開催についてネットで否定的な声を挙げている人は若い世代が多いとみる。SNS利用者は若い世代が多いため、ネットとリアルで乖離が見られたのもあるが、敗北感が広がった背景として、井上さんは五輪公式エンブレム撤回騒動を挙げた。

    ■「サノケン盗作疑惑で『証拠集め』をして大勝利を味わった人も」

    2015年7月、佐野研二郎さんのデザイン案が公式エンブレムに選出された。しかし盗作疑惑が持ち上がり、ネットは炎上。佐野さんは盗作を否定しているが、あまりにも誹謗中傷が多いことなどから、同年9月にエンブレムを取り下げた。

    「盗作疑惑が出たとき、ネット民の中には熱心にエンブレムの『パクリ元』を探し、検証する人もいました。最終的にエンブレムを撤回し、『証拠集め』をしていた人としては『大勝利』と感じた人も少なくありませんでした」

    今回のボランティアについても、批判殺到で応募者が集まらなかったり、有償が無償になったりといった「大勝利」を期待していたネット民が多かったが、結果的に外れたために愕然としているのではないか、というのだ。

    「エンブレムでの成功体験があった分、ひっくり返らなかったという衝撃が大きかったのではないでしょうか」

    ネットだけが現実ではない、ということを忘れてはいけないということだろう。

    2018年10月18日 19時1分 キャリコネニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/15464146/

    ★1が立った時間 2018/10/18(木) 21:35:25.12
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539866125/


    【ボランティア応募8万人超にネット民「なんだろう、この敗北感」 ネット世論はなぜリアルと乖離したのか】の続きを読む



    (出典 www.pref.wakayama.lg.jp)



    1 ばーど ★ :2017/11/13(月) 01:23:27.41

    和歌山県の推計人口(10月1日現在)が94万4320人となり、平成8年以降、22年連続で減少したことが県調査統計課のまとめで分かった。前年に比べ9604人減少し、減少率は過去最高の1・01%となった。県は少子化対策やUターン就職の推進などさまざまな施策を展開しているが、人口減には歯止めがかかっておらず、深刻度を増している状況だ。

     推計人口は国勢調査の数値を基に、転出転入や死亡など住民基本台帳の増減で算出。県によると、減少した9604人の内訳は男性4683人、女性4921人だった。このうち、人口流出による社会減は3328人と前年の3814人に比べてやや抑制されたが、少子高齢化による自然減は6276人で前年の5841人を上回り、減少幅が拡大した。

     市町村別では岩出市と上富田町、日高町、北山村の4市町村で人口が微増。最も減少したのは和歌山市(2163人減)、次いで田辺市(1086人減)、紀の川市(876人減)などだった。減少率が最も高いのは高野町の3・08%で、由良町(2・68%)、紀美野町(2・59%)と続いた。

     県が策定した長期総合計画によると、対策を講じなかった場合、県内人口は2060年には50万人程度に激減するとされる。このため、県では人口減を抑制するために子育て施策の充実を図ってきた。また、若年層の流出防止に向け、和歌山市とタッグを組み、同市内に県立医大薬学部の設置を進めているほか、県外に進学した学生の地元企業への就職支援にも力を入れている。

     県企画総務課の担当者は「厳しい数字だと受け止めているが、県としては今後も人口減対策にしっかりと取り組んでいきたい」と話している。

    配信2017.11.7 09:55
    産経WEST 
    http://www.sankei.com/west/news/171107/wst1711070023-n1.html

    ★1が立った時間 2017/11/12(日) 21:41:51.24
    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1510496394/


    【【なぜ?】人口減少止まらない…和歌山の苦悩 22年連続減少「94万4320人」 】の続きを読む



    (出典 cdn.mainichi.jp)



    1 ハンバーグタイカレー ★ :2017/11/10(金) 14:14:15.73

    http://www.asahi.com/articles/ASKCB142FKC9UTIL08B.html
     神奈川県座間市で9人の遺体が見つかった事件で、全員の身元が10日、明らかになった。演劇に打ち込む高校1年生、漫画家を夢見る高校3年生、皆に愛されたベーシスト……。「残念でならない」「まだ信じられない」。家族や友人らは悲嘆にくれた。

    ■校長「希望ある中で残念」 須田あかりさん

     福島市の高校3年須田あかりさん(17)が通っていた県立高校は10日朝、記者会見し、校長(60)が「将来に希望ある中で命を落とし、本当に残念で言葉がありません」と悔しさをにじませながら語った。

     校長によると須田さんは、おとなしくまじめな生徒だった。1、2年生の時はアニメーション同好会、3年の時は書道部に所属。今年6月ごろから休みがちになり、9月27日から学校に来なくなった。担任に進路相談をしており、不登校になった理由はわからないという。

     父親(62)は10日朝、自宅前で報道陣に「まだ信じていないですよ」とだけ話した。夢は「漫画家」で大学進学も考えていたという。

     須田さんの遺族は9日夜、「親…

    残り:1973文字/全文:2397文字

    (出典 www.asahicom.jp)


    【関連スレ】
    【座間9遺体】9人遺体事件 全員の身元確認 ★4
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1510275485/


    【【画像あり】座間で犠牲 家族や友人らは悲嘆にくれる「許せない」 幼子いる女性が……漫画家の夢が…… 】の続きを読む



    (出典 farm1.static.flickr.com)



    1 ばーど ★ :2017/10/31(火) 18:59:16.56

    指定暴力団山口組の組員が31日夕、ハロウィーンに合わせて神戸市灘区篠原本町4の総本部前で子どもたちに菓子を配った。対立する指定暴力団神戸山口組(淡路市)に対してはこの日、地元住民が求めていた本拠地事務所の使用を禁止する仮処分が決定するなど、暴力団排除の機運が高まる中、住民の懐柔を図ったとみられる。

     捜査関係者らによると、菓子の配布は同日午後4時10分ごろから始まり、組員らが総本部の入り口前で、スナック菓子の入った袋や本部内で作った綿菓子を手渡した。入り口付近はカボチャやおばけのバルーン、紫とオレンジのイルミネーションで飾られ、組員らは「ハッピーハロウィーン」「お菓子もらって、写真を撮ってね」などと声を掛けていた。

     山口組は毎年、ハロウィーンに合わせて菓子を配布している。神戸山口組との分裂騒動があった2015年は中止したが、昨年は総本部近くの神社で再開。今年も、兵庫県警の捜査員が周辺でトラブル警戒に当たった。

    カボチャのバルーンを飾り、子どもたちを迎える組員ら=神戸市灘区篠原本町4

    (出典 www.kobe-np.co.jp)


    (出典 www.kobe-np.co.jp)


    (出典 www.kobe-np.co.jp)

    ハロウィーンに合わせ、菓子を配る山口組の組員

    (出典 www.kobe-np.co.jp)

    組員らが配ったお菓子の中身

    (出典 www.kobe-np.co.jp)


    配信2017/10/31 18:15
    神戸新聞NEXT
    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201710/0010693254.shtml


    【【画像あり】指定暴力団山口組組員 総本部前で子どもたちに菓子を配布 「ハッピーハロウィーン」 】の続きを読む

    このページのトップヘ